湘南ベルマーレの優勝で幕を閉じたYBCルヴァン・カップ。2000年に「湘南ベルマーレ」というクラブ名で新たな出発を切ってから初となるタイトルに、会場の埼玉スタジアムは大いに湧いた。表彰式を終えた選手たちはピッチでそれぞれに喜びを分かち合った。

 埼玉でそんな歓喜の輪が形づくられた十月二十七日、二人の青年がインドネシアの地でその様子をモニター越しに見守っていた。U-19(19歳以下)アジア選手権を戦っていた斉藤未月(みつき)と石原広教(ひろかず)だ。両選手ともルヴァン・カップ準々決勝までチームの躍進を支え、来年開催されるU-20ワールドカップ(W杯)出場権獲得のため、チームを...    
<記事全文を読む>