試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、スタジアムに駆け付けたサポーターたちは、感極まってうれし涙を流し、抱き合った。チーム設立から約15年、悲願のJ3優勝とJ2昇格を果たしたFC琉球。サポーターたちは「最高だ」「ありがとう」と歓喜し、報告に近づいてきた選手と水を掛け合ったり、記念撮影をしたりするなど、祝福の笑顔があふれた。J2の舞台へ向けても「今の攻撃的なサッカーを貫いてほしい」と期待を膨らませた。

 先週、長野県で行われたAC長野パルセイロ戦は終了間際のゴールで辛くも引き分け。3日のホーム戦で決めるという強い気持ちはサポーターも一緒だった。試合をリードしながらもサポーターたち...    
<記事全文を読む>