ウルグアイで13日に開幕するサッカーのU―17(17歳以下)女子ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表メンバーが1日、国内有数のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)で直前合宿入りした。

 本県関係では、東京電力福島第1原発事故後に本県から静岡県に活動拠点を移しているJFAアカデミー福島のGK大場朱羽、DF富岡千宙、MF石田千尋、FW岩井蘭の4人が代表メンバーに選ばれている。

 初日の同日はメンバー21人のうち15人が参加。パス練習などを行い、W杯に向けて士気を高めた。3日までの3日間滞在し、広野町のふたば未来学園高男子サッカー部...    
<記事全文を読む>