前節の名古屋戦に勝利した北海道コンサドーレ札幌は、4日の次節ホーム仙台戦(札幌ドーム)に向けて、10対10のゲーム形式などを行った。左ふくらはぎに軽度の肉離れがあり、10月23日の練習から別メニューだったDF石川直樹(33)が、全体練習に合流。ミニゲームでは後方からのオーバーラップで2点を決め、復調をアピールした。

 31日に鹿島が勝ち、順位が一つ下がって4位となった札幌。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)出場権を懸けた終盤戦に、頼もしい男が戻ってきた。練習を終えた石川は「1週間、ベタ休みだったので死ぬかと思ったけど、動いた感じは問題なかった」と早期復帰に安堵の表情を浮か...    
<記事全文を読む>