広島東洋カープから国内フリーエージェント(FA)宣言していた丸佳浩外野手(29)が、巨人に移籍する意思を固めたことが29日、分かった。30日にも表明する。

 丸は7日のFA宣言後、広島残留の可能性を残してロッテを含めた3球団と交渉を進めていた。広島の4年総額17億円(推定)に対して、巨人は5年30億円超の条件を提示したとみられる。千葉県出身で今後の生活などを総合的に考えた結果、11年在籍した広島を離れる決断を下した。広島からFA宣言して他球団に移籍するのは、2015年オフに西武入りした木村昇吾選手以来で、9人目。

 08年に高校生ドラフト3巡目で千葉経大付高から...    
<記事全文を読む>