東北楽天初代エースで、今季限りで米大リーグ・マリナーズを退団した岩隈久志投手(37)の来季所属先に注目が集まっている。既にオファーしている古巣に8季ぶりに戻ってほしいと願うファンが大多数だろう。だが岩隈は日米の球団に可能性を残し、なかなか結論を出せない状況にある。

<現役続行の意思>
 昨秋に右肩を手術し、今季は渡米7季目で初めて大リーグでの登板がなかった。復帰を目指す中での退団でやり残した気持ちがある。マリナーズから指導者転身を打診されても現役続行の意思を貫いた通り「まだ(大リーグで)できる」と自負もある。通算63勝し、15年には野茂(ドジャースなど)に続く日本...    
<記事全文を読む>