プロ野球オリックスの山田修義投手(27)を招いた野球教室が11月23日、自身の母校である福井県福井市日之出小学校体育館で開かれた。同市内の学童野球の児童らが、あこがれの選手から技術を学んだり、ゲームを楽しんだりした。

 同市内の6チーム、約60人が参加。キャッチボールをする子どもたちに、山田選手は「力任せに投げず、相手が取りやすいよう思いやりを持って投げよう」と強調。投げる時の足のつま先の方向やバランスを取る方法など、分かりやすく丁寧にこつを伝授した。日之出レッドウィングスの選手(11)は「投げやすくなった。いい選手になれそう」と笑顔だった。

 山田選手自身も変...    
<記事全文を読む>