プロ野球北海道日本ハムの「ファンフェスティバル2018」が札幌市豊平区の札幌ドームで開かれた。選手たちはサイン会や鬼ごっこなどを通じ、来場した約3万4千人のファンと触れ合った。

 選手たちは、2チームに分かれてバランスボールを使ったドッジボールなどのイベントで会場を盛り上げた。ファンフェスに初参加した高卒1年目の清宮幸太郎選手(19)は「これだけ多くの人に応援してもらえていることを肌で感じた。すごく良い一日でした」と笑顔で話した。

...    
<記事全文を読む>