西武の辻発彦監督(60)が23日、厳しい状況で迎えそうな来季のリーグ連覇を大観衆に誓った。5万2000人が来場してメットライフドームで行われたファン感謝イベントで、楽天へフリーエージェント(FA)移籍する浅村栄斗内野手(28)、ポスティングシステムで米メジャーに挑戦する菊池雄星投手(27)があいさつ。炭谷銀仁朗捕手(31)も巨人へのFA移籍を決断するなど、投打の主力がチームを去る中、あきらめない姿勢を強調した。ファン感謝イベント前に行われた埼玉県所沢市での優勝パレードには7万5000人のファンが沿道を埋めた。

 あまりに厳しい状況に闘志を駆り立てられたようだった。ファン感謝...    
<記事全文を読む>