ポスティングシステムでの米メジャー挑戦が決まった菊池は笑顔で送り出された。トークショーではサプライズで「DA PUMP」(ダ・パンプ)の「U.S.A.」がかかり、源田、岡田、榎田、野田、山田が「USA」と書かれたそろいのシャツでダンスを披露。一緒に踊るように促されると、苦笑いを浮かべながら軽くステップを踏んだ。

 2日前に親知らず4本を抜いたため、顔がパンパンにはれ、いじられる場面も。ファンへの惜別スピーチでは「不安な気持ちがあったけど、皆さんから頑張ってこいと背中を押されて、9年間ライオンズでプレーをして良かった。どこでプレーするか分からないけど、成長した姿を見せられるよ...    
<記事全文を読む>