【東京支社】西武は23日、ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する菊池雄星投手(27)=花巻東高=の申請手続きを、12月3日に日本野球機構(NPB)に行うと発表した。順調に交渉が進むと、菊池の米大リーグ挑戦のスタート地点は来年1月初めまでに決まる見通し。ファン感謝イベント後に取材に応じた菊池は、9年間のファンの応援に感謝した上で「成長した姿を見せたい」と決意を新たにした。

 ポスティングシステムでは、NPBを通じて米大リーグ機構(MLB)に契約可能選手として通知された後、譲渡金を支払う意思を持つ全ての球団が30日間交渉できる。申請期限は12月5日。申請時期について...    
<記事全文を読む>