プロ野球日本ハムは23日、札幌市内で育成選手を含む新入団8人の記者会見を行った。

 ドラフト1位の金足農高の吉田輝星投手はユニホームに袖を通し、緊張した面持ちで「プロ野球選手になる実感がさらに強くなった。セールスポイントの直球で打ち取れる選手になりたい」と語った。

 背番号は18に決まった。「エースナンバーと言われる番号。番号に負けない投手になる」「1年目から1軍で活躍できるように頑張る」と意欲を見せた。

...    
<記事全文を読む>