ルートインBCリーグは22日、四国アイランドリーグplusと初の合同ドラフト会議をインターネット会議形式による非公開で行った。信濃グランセローズは投手4人、捕手1人、内野手3人、外野手3人の計11人の交渉権を獲得した。

 通常指名は、11月に行われた合同トライアウト(入団テスト)の受験者が対象。信濃は、今季まで香川でプレーした松井聖捕手ら2人を指名した。

 また、合同トライアウトにエントリーした選手が希望球団を挙げた場合、該当球団がその選手を特別合格として交渉権が得られる。信濃は、伊藤昂汰投手(キッセイ薬品工業)、赤羽由紘内野手(ウェルネス筑...    
<記事全文を読む>