東北楽天の新入団選手発表会見が22日、仙台市のウェスティンホテル仙台で開かれた。育成を含む10選手がプロの世界に入る意気込みなどを語った。
 ドラフト1位の辰己外野手(立命大)ら10選手と、石井ゼネラルマネジャー(GM)、平石監督が登壇。背番号7に決まった辰己は「イーグルスの先頭に立っていけるよう1年目からアピールしたい」と述べるなど、各選手がそれぞれの思いを口にした。
 石井GMは「みんな自信を持って獲得した選手。将来は間違いなく1軍で活躍すると確信している」と期待を込めた。平石監督は「常勝軍団を築く上で、その戦力になってくれることを強く思っている。一緒にユニホー...    
<記事全文を読む>