今季のア・リーグの最優秀新人(新人王)に輝いたエンゼルスの大谷翔平(24)が22日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、「充実したシーズンだった。(新人王は)率直にうれしかった」とメジャー1年目を振り返った。

 日本選手では2001年のマリナーズのイチロー以来、17年ぶり4人目の新人王。開幕前のオープン戦で結果が出ない時には、そのイチローに助言を求めたといい「気持ち的にも技術的にも進歩して、シーズンに入れた。すごく勉強になった」と明かした。

 シーズン終了直後の10月に受けた右肘の靱帯(じんたい)再建手術(通称トミー・ジョン手術)の経過については「順調。日常...    
<記事全文を読む>