道内の各自治体の活性化などに協力する「応援大使」を務める日本ハムの選手たちが21日、担当の各市町村を訪ねた。石狩市を訪れた上沢と村田は、交流会に集まった市民約650人に「来季こそ、リーグ優勝と日本一を果たす」と健闘を誓った。

 今季、チームトップの11勝を挙げた上沢は、2年ぶりのリーグ制覇を逃し「何ともすっきりしないシーズンだった」と振り返った。10日の日米野球第2戦に先発し、5回1失点と好投。「侍ジャパンでは、先輩やあまり話したことがない選手もいて、いつもと違った緊張感があった」と明かした。

...    
<記事全文を読む>