ポスティングシステムで米メジャー挑戦を目指す西武の菊池雄星投手(27)が19日、今後の交渉に備えて滞在していた米国から帰国した。「これから起こることを想定しながら具体的な話ができた」と渡米の成果を振り返った。

 現地ではトレーニングと並行しながら、代理人のスコット・ボラス氏と話し合い「今後のプランをしっかりつくることが目的だった。調整して、考え方をすり合わせられた」という。

 今後は球団行事などに参加しながら、ポスティングの申請時期を球団と話し合う予定だ。「自分でコントロールできないことが多くて不安もあるが、いい方向に進むように最善を尽くしたい」。夢の実現に向け...    
<記事全文を読む>