日本ハムは19日、ドラフト6位で指名した千葉・成田高の田宮裕涼(ゆあ)捕手(18)=174センチ、77キロ、右投げ左打ち=と千葉県成田市の成田山新勝寺で入団交渉を行い、契約金2千万円、年俸480万円(金額は推定)で仮契約した。

 同校OBでもある担当の岩舘スカウトの提案で、成田市の名所での仮契約となった。炎の前で祈願する「護摩修行」をした田宮は、「野球選手として活躍できるようにお願いした。契約して実感が湧いてきた」と笑顔を見せた。

 広角に打ち分ける打力に加え、俊足で強肩と走攻守3拍子そろった高い総合力が魅力だ。「将来はチームの中心選手、日本一の捕手になりたい」...    
<記事全文を読む>