10月のプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから1位指名された日体大4年の松本航投手(21)=兵庫県朝来市出身=が16日、朝来市役所を表敬訪問した。松本投手は「朝来市をはじめ、お世話になった人たちに感謝の気持ちを持ちながら、厳しいプロの世界でしっかりと努力して活躍したい」と意気込みを語った。

 松本投手は今年、首都大学リーグで8人目となる通算30勝300奪三振を達成。日米大学野球で最優秀投手に選ばれるなど大活躍した。そんな功績をたたえ、朝来市はこの日、松本投手に初の「特別功績者賞」を授与した。

 この日は集まった職員ら約50人が、松本投手を拍手と花束で出迎...    
<記事全文を読む>