来年10月に携帯電話事業に参入する楽天グループの楽天モバイルネットワーク(東京)は15日、第5世代移動通信システム(5G)を活用した映像伝送や、自動配送ロボットの実証実験を仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城で実施した。5Gの高速大容量通信を生かしたサービスを開発し、次世代型スタジアムの実現などを目指す。
 スタジアム内に実験用基地局などを設置し、5G環境を構築。小型無人機ドローンで観客席を撮影し、高画質映像を5Gで大型ビジョンに伝送した。映像が鮮明で顔認証技術による観客の特定も可能で、試合中の演出などに使う。
 自動配送ロボットは、スタジアム内での観客への商品配送や...    
<記事全文を読む>