先月25日のプロ野球ドラフト会議で西武に5位で指名された遊学館高3年・牧野翔矢捕手(17)=穴水町出身=が15日、金沢市のホテル金沢で入団交渉に臨み、仮契約を結んだ。契約金2500万円、年俸が600万円(推定)となる。牧野捕手は「プロへの第一歩を踏んだという感じ。トリプルスリー(打率3割・30本塁打・30盗塁以上)を狙いたい」と夢を語った。

 身長178センチ、高校通算15本塁打の強打と強肩、俊足が持ち味。交渉後、緊張した面持ちで会見に臨んだが、鈴木敬洋スカウトから西武のキャップを渡されると笑顔が見えた。憧れの選手に西武の森友哉捕手を挙げ「しっかり体をつくって、1軍に上がれ...    
<記事全文を読む>