プロ野球の楽天から育成ドラフト2位で指名を受けた社会人クラブチーム、山岸ロジスターズ(島田市)の則本佳樹投手(24)が13日、島田市内で球団スカウトの指名あいさつを受け、入団交渉の末、契約合意に達した。支度金は200万円、年俸は250万円(いずれも推定)。
 楽天のユニホームに袖を通した則本は「必死に支配下登録をもぎ取る」と引き締まった表情を見せた。山岸運送の社員として、働きながらプレーを続けてきた。「ほかの選手に比べて2年間の練習量は足りない。体力を付けるため、(指名後は)走り込みを増やした」と準備に余念がない。兄昂大は楽天のエース。「比べられて当然。プレッシャーが自分のエ...    
<記事全文を読む>