巨人からドラフト3位で指名された松商学園高の直江大輔投手(18)=184センチ、77キロ、右投げ右打ち=が13日、松本市内のホテルで仮契約し、入団が決まった。契約金5000万円、年俸500万円で合意。背番号は「54」に決まった。

 最速145キロの直江は、U18(18歳以下)日本代表1次候補にも選ばれた本格派右腕。4季ぶりに復帰した原辰徳監督もしなやかな投球フォームや将来性を評価しており、球団は1983年のセ・リーグ新人王で、94年に完全試合を達成した槙原寛己氏が最初に着けた背番号を託した。

 仮契約後、巨人の長谷川国利スカウト部長と木佐貫洋...    
<記事全文を読む>