マツダスタジアムで13日に開催される日米野球第4戦に出場する米大リーグ(MLB)オールスターチームの前田健太投手たち4人が12日、広島市中区の平和記念公園を訪れた。原爆慰霊碑に花を手向け、原爆資料館を見学した。

 ドン・マッティングリー監督、ミッチ・ハニガー外野手のほか、MLBバイスプレジデント・アジアパシフィックのジム・スモール氏が訪問。松井一実市長の先導で慰霊碑前に花輪を置き、原爆犠牲者を悼んだ。

 前田投手は献花後、報道陣の取材に「広島で試合があることが、日米野球出場を決断した理由の一つ。この場所が広島にとって大切だということを、米国と日本に野球を通して発...    
<記事全文を読む>