プロ野球のパ・リーグが発表した来シーズンの1軍公式戦の日程で、北海道日本ハム戦の函館開催が見送られたことを受け、函館市教委は開催再開に向け、老朽化した函館オーシャンスタジアム(千代台町)を改修する方針を決めた。グラウンド改良をはじめとする改修計画の策定に着手した。

 球団は、グラウンドの土が硬く、選手のけがの危険性が高まっていると指摘している。市教委は土の入れ替えなどに加え、芝の張り替えや内外野席の改修、増設など、施設全体で見直しが必要な箇所を洗い出す。

...    
<記事全文を読む>