野球の明治神宮大会は11日、東京の神宮球場で第3日が行われ、高校の部では、北海道代表で初出場の札大谷が国士舘(東京)に7―3で快勝し、4強に進んだ。

 札大谷は一回、北本からの3連続長短打などで3点を先取。その後も追加点を加えた。守っては二回から登板した2番手増田が丁寧に低めを突く投球で九回途中まで3失点と好投した。

 札大谷は12日の準決勝で、筑陽学園(九州)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>