◇日米野球<第2戦> 日本12-6MLB

 波状攻撃を何度も見せた日本打線の中心に柳田がいた。4安打4打点の活躍に「いい1日になった」。前夜は逆転サヨナラ弾で日本を先勝に導いた強打者が2日連続で主役の座を射止め、表情には充実感が広がった。

 ハイライトは三回に訪れた。1死二塁で不振の山川に代わり、4番に座った柳田。初球、相手右腕の甘いカーブを「思い切り、しばいたろうと思った」。ヘルメットがずり落ちそうなほどのフルスイングでかち上げた打球は、右打者のような放物線を描いて左中間席深くへと到達した。

 規格外の豪快さに...    
<記事全文を読む>