野球の明治神宮大会は9日、神宮球場で開幕して1回戦4試合を行った。高校の部では初出場の札大谷が龍谷大平安(近畿)に6―5で競り勝ち、準々決勝に進んだ。11日に国士舘(東京)と対戦する。7年ぶり3度目出場の函大は昨年4強の環太平洋大(中国・四国)に1―2で惜敗し、大会初勝利はならなかった。

 札大谷は一回、1死満塁から石鳥の投前へのゴロが相手の二塁への悪送球を誘って2者が生還、さらに青山の中前打などで計5点を先取した。1点差に迫られた六回は佐野の右越え適時二塁打で突き放した。先発西原は7回5失点と追い上げられたが、八回から登板した2番手太田が1点のリードを守りきった。

...    
<記事全文を読む>