定位置争い大歓迎―。日本ハムからドラフト2位指名を受けた花咲徳栄高(埼玉)の野村佑希内野手(18)が9日、同校で入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約した。昨夏の甲子園で全国制覇を達成した右の大砲は、近未来の三塁レギュラー候補。最激戦区でしのぎを削り、プロとして大飛躍を遂げることを誓った。

 仮契約を終えた野村は「数字だけじゃなく、裏方さんやファンにも愛される選手になりたい。今まで以上に模範となれるような行動を取っていきたい」と決意表明した。

 そして、レギュラー争いに思いをはせた。投手としても非凡な才能を発揮したが、プロでは野...    
<記事全文を読む>