プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスは9日、倉敷市のマスカットスタジアムで秋季キャンプをスタートさせた。倉敷での秋季キャンプは、今年1月に亡くなった同市出身の星野仙一氏が指揮した2011年から8年連続。今季は3年ぶりの最下位に沈み、選手は巻き返しに向け初日から汗を流した。

 グラウンドで午前9時すぎから歓迎式典があり、西日本豪雨の犠牲者に黙とうをささげた。菊池善信岡山県副知事、河田育康倉敷市副市長が「倉敷の地でプロの力と技を磨いてほしい」などとあいさつ。1軍監督としては初キャンプとなる平石洋介監督は「今季は星野さんの思いも胸に戦ったが、悔しいシーズンになった。倉...    
<記事全文を読む>