台湾で開催される第7回U―15軟式野球アジア選手権大会に伊達中学校3年の武田光巧さん(15)が北海道代表として出場する。投手の武田さんは「チームに貢献し、優勝を目指す」と意気込んでいる。同校野球部部長の阿部拓実教諭(26)が選抜チームの監督を務める。

 武田さんは、身長166センチ、体重63キロの右投げ右打ち。オーバースローで制球力の良さ、逆境でも動じないメンタルが強み。最速120キロの直球にスライダー、カーブを織り交ぜ打たせて取る技巧派だ。選抜チームでは先発、中継ぎでの起用が予想される。

 今年8月に白老町であった選考会に「...    
<記事全文を読む>