プロ野球・楽天のスカウト担当者が5日、新人選手選択会議(ドラフト会議)で5位指名した佐藤智輝投手(山形中央高)へのあいさつのため、山形市の同校を訪れた。スカウト担当者は「うちで日本一の左ピッチャーを目指してほしい」と激励し、佐藤投手は「1軍でしっかりと投げられるよう頑張りたい」と決意を語った。

 長島哲郎スカウト部長と宮越徹担当スカウトが訪問し、佐藤投手、斎藤和哉校長、庄司秀幸監督らと面談した。

 懇談後、取材に応じた宮越担当スカウトは「打っても投げても、一本の芯がある体の強さを感じた。回転軸がぶれない強さの下地を既に持っており、さらに成長する」と評価のポイント...    
<記事全文を読む>