日本ハムグループは5日、2023年に北広島市内で開業する北海道日本ハムファイターズの新球場の完成予想図を公表した。

 日本ハムグループは5日、札幌市内で記者会見を行い、北広島市に建設するプロ野球北海道日本ハムの新球場の基本計画を発表した。外野側の壁は全面ガラス張りが特徴。三角屋根のといに融雪設備を設け、雪を溶かして流し、地面に落ちない構造とする。新球場は同グループのボールパーク(BP)構想の中核施設となる。また、球団とBP準備会社北海道ボールパーク、道、北広島市は同日、地域活性化と基盤整備に関わる連携協定を結んだ。

 新球場の建築面積は5万平方メートルと、札幌ド...    
<記事全文を読む>