社会人野球の第44回日本選手権第2日は2日、京セラドーム大阪で1回戦3試合を行った。3年ぶり18度目出場の西濃運輸(大垣市)は第1試合で、3年ぶり15度目出場の信越クラブ(長野)に2―1で勝利し、2回戦に進出した。

 西濃運輸は一回、三浦智聡の右越え2点二塁打で先制。エース堀田晃は八回に1点を与えたが、毎回三振を奪う10奪三振で完投した。毎回奪三振は大会史上6人目。

 西濃運輸は第7日の7日、2回戦第2試合(午後2時30分試合開始予定)で、三菱重工広島(広島)と新日鉄住金鹿島(茨城)の勝者と対戦。2014年大会以来、4年ぶりの8強を目指す。

...    
<記事全文を読む>