楽天からドラフト6位指名された横浜高出身の明大・渡辺佳明が1日、東京都府中市の内海・島岡ボールパークで指名あいさつを受けた。今秋の東京六大学リーグで打率4割2分の首位打者は「自分のバッティングを貫いてプロの舞台でも首位打者を目指したい」と熱い思いを口にした。

 横浜高・渡辺元智前監督(73)を祖父に持つ左の巧打者。高校時代は浅間大基、高浜祐仁(ともに日本ハム)らに隠れた存在だったが、明大に進み逆方向への打撃を開花させた。

 リーグ戦で現役最多の通算95安打をマーク。大学4年間(353打席)で17三振も誇れる数字だ。内野ならどこでも守れるユーテ...    
<記事全文を読む>