西武にドラフト6位で指名されたセガサミーの森脇亮介投手(26)が1日、東京・品川のセガサミーグループ本社で渡辺久信シニアディレクター(SD)らの指名あいさつを受けた。

 2人の子どもを持つオールドルーキーは「やっと実感が湧いてきた。プロ野球の世界に進むことを強く意識しました。『即戦力』と言われて、1年目から活躍できるようにしたい」と決意を語った。

 セガサミーからはロッテ一筋の内野手として17年間プレーした「ミスターロッテ」こと初芝清監督(51)が出席。53歳の渡辺SDにとっては西武での現役時代に何度も対戦した間柄だ。教え子を送り出す立場でかつてのライバルと対面...    
<記事全文を読む>