バレーボール女子のPFUブルーキャッツは29日、11月3日のV1リーグ開幕戦を前に、かほく市横山の賀茂神社で必勝祈願を行い、選手やスタッフら26人が新リーグでの活躍を誓った。
 半田清社長に続き、加藤陽一監督、清水眞衣主将、藤田徹部長が玉串をささげた。V1リーグは11チームが東西に分かれて争い、PFUは東部となっている。清水主将は「メンバーそれぞれが個性と活気にあふれ、チームの雰囲気はいい。まずは東部リーグ優勝を目指し、今年のスローガンの『つなぐ』プレーで頑張る」と意気込んだ。
 加藤監督は「ホームゲームは全勝して東部を制し、さらに上を狙っていく」と語った。3、4日...    
<記事全文を読む>