バレーボール男子のVリーグのV1(一部)に今季から参戦したVC長野トライデンツ(南箕輪村)の初戦が二十七日、松本市の市総合体育館であった。VC長野は昨季のリーグ覇者のパナソニックパンサーズ(大阪府)を相手に0-3とストレート負けを喫した。本拠地である南箕輪村からも多数のファンが駆けつけ、声援を送った。

◆粘り見せ今後に期待

 今季から初参戦した一部のV1の初戦。昨季のリーグ王者のパナソニック相手に敗退したが、第三セットでは23-25と善戦した。試合後、笹川星哉監督は「負けはしたが、良いスタートを切れた。これからを期待できる...    
<記事全文を読む>