頼れる主将が帰ってくる。バレーボールVリーグ女子の最高峰「V1」で戦う岡山シーガルズのセンター山口舞。昨年11月に脚の故障で戦列を離れ、長いリハビリを経てJTとの今季開幕戦(11月3日・大阪市)で復帰する見通しとなった。1年ぶりとなる公式戦のコートに向け「不安もある。だけどプレーができる楽しみの方が大きい」と気力をみなぎらせる。

 切れ味鋭い移動攻撃や速攻、巧みなブロックアウト…。チーム練習に合流して約1カ月。対戦相手を想定した実戦形式の練習で「コートに入るとぴりっと引き締まるものを見せてくれる」と河本監督。各選手が調子を上げる中にあっても存在感は揺...    
<記事全文を読む>