バレーボール女子のPFUブルーキャッツと契約したタイ代表のチャッチュオン・モクシー選手(18)の入団会見が24日、金沢商工会議所で開かれた。最年少で代表入りした期待の新戦力は「私のプレーを見てほしい」と意気込み、加藤陽一監督も来月開幕のV1リーグでレギュラー起用する方針を示した。
 身長178センチ。高い打点から繰り出すスパイクで、7月のアジアクラブ選手権優勝に貢献した。タイでは「ブンビン」の愛称で絶大な人気と知名度を誇り、企業広告の「顔」としても起用されている。
 初めての海外挑戦となるモクシー選手は「日本は強いチームが多くて楽しみ」とリーグ開幕が待ち遠しい様子。...    
<記事全文を読む>