卓球の新リーグ「Tリーグ」は28日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナなどで4試合が行われ、男子の岡山リベッツは優勝候補の東京に2―3で競り負けて2連敗となり、開幕3連戦を1勝2敗で終えた。

 リベッツはダブルスの上田、森薗組が水谷、田添組を2―1で退けたが、シングルスの横山は松平に1―3で敗れる。続く上田が張本を3―2で破ったものの、吉田が水谷と戦った第4、第5試合を1―3、0―1で落とした。

 彩たまは、香港のエース黄鎮廷がダブルス、シングルスで2勝する活躍で4―0で琉球を下して2勝目(1敗)を挙げた。

 女子は神...    
<記事全文を読む>