スピードスケートのW杯前半戦の代表選考を兼ねた全日本距離別選手権最終日は28日、長野市エムウエーブで男女計4種目を行い、女子1500メートルは平昌冬季五輪銀メダルの高木美帆(日体大助手、帯南商高出)が1分56秒17で3連覇し、1000メートル、3000メートルと合わせ、今大会3冠を果たした。姉の高木菜那(日本電産サンキョー―帯南商高)が2位に入り、佐藤綾乃(高崎健康福祉大―釧北陽高)が3位だった。

 男子1500メートルは一戸誠太郎(ANA、美幌北中出)が1分46秒00の大会新記録で、五輪5位の小田卓朗(開発計画研究所、浦河第二中出)を抑えて初優勝。5000メートル、マスス...    
<記事全文を読む>