卓球の国内外トップ選手が参加する新リーグ・Tリーグの琉球アスティーダは26日、愛知県名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで初戦を迎え、2―3で岡山リベッツに惜敗した。

アスティーダは第1試合のダブルスは台湾ペアの荘智淵・陳建安組が2―0で先制した。続く第2試合のシングルスでは、最新の世界ランク10位でチームのエース、丹羽孝希が勝って2―0と優位に展開した。しかし、続く第3、第4試合のシングルスを落とし、代表決定戦となった第5試合で丹羽が8―11で森薗に敗れ、逆転負けを喫した。

 琉球アスティーダは27日、同アリーナで世界ランク8位の張本智和、同12位の...    
<記事全文を読む>