2018年度後期日本卓球リーグ女子1部のデンソー(湖西市)のホームマッチ(日本卓球リーグ実業団連盟主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が24日、同市アメニティプラザで行われた。前期4位のデンソーは後期最初の試合で、前期5位のサンリツ(東京都)に3―0で快勝した。
 1番手に起用された馬場は、相手の狙いを逆手に取ってフォアハンドのカウンターを駆使。先勝してチームを勢いづけた。2番手の中国出身の馬は勝負どころでラリーを制し、馬場に続いた。
 ダブルスには9月の全日本社会人選手権で3位になった小道野・永尾組が登場。同大会で2位だった松本・平組を相手に、シーソーゲームとなった第...    
<記事全文を読む>