負けず嫌いな姿と愛くるしい笑顔で多くの人々を魅了した福原愛選手(29)=ANA、仙台市出身=が引退を表明した。仙台で過ごした幼少期を知る人からは「愛ちゃん」との思い出と、数々の活躍を見せてくれたことへの感謝の言葉があふれた。
 3歳で卓球を始め「天才少女」として注目を浴びた。母千代さんの卓球仲間だった仙台市青葉区の佐藤里子さん(76)は、ラケットを握り始めた頃から相手になるようせがまれた。「普段はかわいい女の子なのに、卓球をすると真剣そのもの。ライバル心むき出しだった」と振り返る。
 小学生になると大学生に交じって練習した。「相手が大学生なのに、負けた時は悔しくて泣...    
<記事全文を読む>