痛む右足をひきずり、ぎこちなく表彰台の最上段に上がった。「アドレナリンが出てるからそんなに痛くない。大きなけがではないと思う」と乙黒拓。まだ体の線が細い、色白の19歳がはにかんだ。

 初出場の今大会。前日に見せた圧倒的な攻めのスタイルは、決勝でも健在だった。いきなりタックルでインド選手を場外に押し出したかと思えば、今度は抱え上げてマットにたたき落とす。開始30秒で5点を奪った。

 楽勝ムードさえ漂った試合はしかし、大激戦となった。相手の圧力の強さに第2ピリオド、右足首をひねった。追い上げられ7-6で迎えた後半、マットに倒れ込み、ドクターが駆け寄って試合が中断する...    
<記事全文を読む>