茶席や獅子舞/解説付き観覧席

 二百人超のトップレベルの弓道選手が集い、金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで開かれた全日本遠的選手権(十九~二十一日)。今年七月に発足した「金沢文化スポーツコミッション(SC)」が支援し、会場内に茶席が設けられるなど金沢らしい趣向で選手を迎えた。

 大会二日目。競技会場隣のホールに設けられた立礼式の茶席に、はかま姿の選手たちが続々と駆けつけ、一服を味わった。茶道裏千家家元直属の指導者である奈良宗久さんの社中二十人ほどで応対。時折、茶の作法も説明しながら抹茶を振る舞った。茶席のしつらえにもこだ...    
<記事全文を読む>