【ブダペスト=多園尚樹】世界選手権第2日は21日、当地で男子フリースタイルの4階級が行われ、65キロ級で初出場の19歳、乙黒拓斗(おとぐろたくと)(山梨学院大)が準決勝でロシア選手を15-10で下して銀メダル以上を確定させた。

 乙黒拓は22日(日本時間23日未明)の決勝で、8月のアジア大会王者のバジュニーシュ・バジュラン(インド)と対戦。1974年大会を20歳6カ月で制した高田裕司の日本男子最年少優勝記録に挑む。

 57キロ級の高橋侑希(ALSOK)は準決勝でロシア選手に2-7で敗れ、2連覇を逃した。92キロ級の松本篤史(警視庁)は準決勝でベラルーシ選手にテク...    
<記事全文を読む>