第18回全国障害者スポーツ大会・福井しあわせ元気大会が13~15日、福井県であり、フライングディスク競技に出場した田辺市龍神村東の調理師、古久保喜朋さん(63)が、円形のゴールに向けてディスク(円盤)を投げる種目で3位に入賞した。

 フライングディスク競技は直径23・5センチ、重さ約100グラムのプラスチック製のディスクを投げて飛距離を競う「ディスタンス」と、円形のゴールを狙う「アキュラシー」がある。試合は坂井市の三国運動公園陸上競技場であった。

 古久保さんは、5メートル離れた円形ゴールに向けてディスクを10回投げ、通過枚数を競った「アキュ...    
<記事全文を読む>