第18回全国障害者スポーツ大会「福井しあわせ元気大会2018」最終日は15日、福井市の福井県営陸上競技場などで行われた。青森県勢は陸上の肢体不自由者男子2部の立ち幅跳び(区分2)1組で工藤匡史(三戸町)が1メートル58を記録し、14日の100メートルに続き優勝した。同(区分22)1組では洞内博(東北町)が1メートル00で2位、肢体不自由者男子1部のビーンバッグ投げ(区分23)2組で柿崎長潤(青森市)が4メートル02で2位だった。

...    
<記事全文を読む>